弁護士ブログ

司法試験と予備試験

弁護士ブログ

2012.09.18

現在の制度のもとでは、司法試験を受験するには
法科大学院を卒業するか、予備試験に合格する必要があります。

先日(9月11日)、平成24年司法試験の合格発表がありました。
今回の司法試験は、予備試験合格者の方々が初めて受験された試験でもありました。

合格者数(2102名)について様々な議論がなされているところですが、
私としては、予備試験を合格した方々の合格率が高いことが気になりました。
全体の合格率が25.1%であるのに対し、予備試験合格者の合格率は68.2%でした。
予備試験合格者の方々が,かなりの健闘されたと思います。

予備試験自体,競争率の高い試験ですが,
今回の予備試験合格者の司法試験合格率をうけ,
今後,予備試験受験者数が増加することが予想されます。

また,法科大学院出身であっても,
3回の受験チャンスを全て使い切ってしまったため,
予備試験を受験するという方も増えてくるでしょう。

私は法科大学院出身者であり,
旧試験も予備試験も経験したことがありませんが,

受験生は今ある制度の中で,勝ち抜いて行くしかありません。

これから司法試験を目指そうと思われている方々,
そして,現在受験勉強に励まれている方々を
心より応援しています。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら