弁護士ブログ

方言いろいろ‐「面倒くさい」編‐

弁護士ブログ

2012.11.28

皆さんは、普段、親しい人と会話をするとき、方言を使いますか?

同郷の友人や家族と会話をするときは、
自然とその土地の方言を使うことが多いのではないでしょうか?

そういう私も、家族と会話するときは自動的に広島弁モードになります。
(広島県出身です。)

これまでいろいろな方言に接してきて、気になったことがあります。

それは、

「面倒くさい」という意味の方言は、

地方によって異なることが多い,ということです。

たとえば、

・広島では…「たいぎい」 と言います。

その語源は「大儀」から来ていると聞いたことがあります。
(重大な儀式 → 面倒くさい?)

他にも、

・山口では…「せんない」 と言います。

私の友人がよく使っていました。
当初、「せつない」という意味だと思っていましたので、
「どうした?何かあった?」と心配して声をかけたところ、
「!?」という顔をされました。

また、

・大分では…「よだきい」 と言うらしいです。

これも私の友人がよく使っていました。
宮崎でも使われるのでしょうか?

それぞれ違う地方出身の友人同士で会話する際、

多少方言が混ざっていても大抵は理解できるのですが、

上にあげた「面倒くさい」という意味の方言だけは、

お互い「!?」という顔になりました。

私は、
「『たいぎい』って何~?」と突っ込まれすぎて、
今では「たいぎい」を使わなくなってしまいました…。

そして、最近気付いたのですが、

・佐賀では…「やぐらしか」 でしょうか!?

いろんな地方の「面倒くさい」を調べてみたくなってきました…。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら